Skip to main content

Posts

Featured

庇蔭墨田之樹.照耀東京之心(下) TOKYO SKYTREE: Activating Sumida, shining Tokyo (II.) 墨田を守る大樹は、東京の思いを照らして

「如果站在這樣的高度,是不是能離你的世界更近一些?」

“If I stand at this height, could I get closer to your world?”
「これくらい高いところに来れば、 あなたのいる世界へ近づけたでしょうか?」


曾經有一位女士,想與另一伴分享這裡美好的風景
Once there was a lady who wanted to share the beautiful scenery with her husband
かつて、その美しい風景を 夫と分かち合いたいと願うご婦人がいました

手裡握著的是無盡的思念,一張黑白的相片是她的旅伴 One black and white photograph was her companion, she kept holding that like her endless miss 一枚のモノクロ写真は彼女の片割れ 終わることのない恋しさのように、持ち続けていたのです
原來,你的眼光望盡了這片土地 Your saw the whole land in your vision あなたの視界には広々とした土地が広がり
用陽光的溫暖包容我,用雨水親觸我的臉龐 Hugged me with warm sunlight, touched my face by little raindrop あたたかい日差しが身を包み 小さな雨粒が頬に触れます
你不在身邊,但一直都住在心裡 You did not stand by my side, but you always live in my mind あなたは隣にはもういませんが いつも私の心にいます
這時候的我們像是只隔著一面清澈的玻璃般靠近 Now, through the clear glass, I felt so close to you いま、透明なガラスの向こうに、あなたが傍にいるように思うのです
我將你的視野存進腦海,小心地保存回憶 I saved your vision in my mind, and kept the memories carefully あなたの姿を心に残し、その思い出を大切に持ち続けます

Latest Posts